【茶道王国】石川 金澤のほうじ茶

棒焙茶(ぼうほうじちゃ)=加賀棒いり茶(かがぼういりちゃ) ほうじ茶・焙じ茶

茎茶(棒茶)をほうじたもの。石川県で生産されています。

 

金沢で生まれ古くから親しまれ「棒茶」とか「お番茶」と呼ばれています。

 

焙煎された香ばしいかおりと、さわやかな渋みがその特徴です。

 

石川県では県内で焙煎された棒茶の認証基準

(農安第1751号、平成19年10月22日)を設けています。



ためしてガッテン 2013年06月19日 (水曜) 放送

これぞスーパー日本茶 格安美味!幸せ1200倍

金沢のほうじ茶(棒茶)
金沢のほうじ茶(棒茶)

ためしてガッテンでもご紹介いただきました。

その内容は

 

①脳のリラックス効果バツグン!

 

②かんきつ類からナッツまで、300種類以上の香り満載!

 

③茶柱がとっても立ちやすい!」というスーパー日本茶。

 

その正体は・・・実は「ほうじ茶」。

お茶の本場と言われる静岡県では全体の1%程度の生産量のほうじ茶。

しかし、金沢では圧倒的に親しまれている【ほうじ茶】

 

 

なーんだ、ほうじ茶か・・・とあなどるなかれ!

ただ茶葉を焦がしただけのお茶と思ったら大間違い。

 

ほうじ茶王国・石川県では、

①そのリラックス効果や②殺菌効果が、子育てにデザートに大活躍!

 

さらに、緑茶では封印されたままになってしまっている、ある「秘められたパワー」が、茶葉を「ほうじる」ことによって一挙に花開くことも明らかに!

 

番組では、とっても簡単な方法で、「ほうじたてのお茶」の至福の香りを家庭で味わうことのできるやり方も大紹介!

 

これさえ知れば、なんと台所の奥に眠る使い残しの茶葉を復活させることもできる?

 

今年の夏は、ほうじ茶パワーで夏バテと水分不足を乗り切ろう!

   ためしてガッテンのホームページから 

 


アメブロ
我が家はお茶屋さん

あさいち
本日のあさいちご覧になられましたか?組合加盟店の油谷さんのペットボトル、組合理事長の店上林さんの若旦那が棒茶の説明をしていました。棒茶の製造を紹介するところでは、あずま園さんが映っていました。あの取材のあった日にあずま園さんに寄ったところ、ほんの先ほどまでいたということをおっしゃれておりました。朝ドラ終わって、すぐに棒茶の紹介があったのでインパクトありました。それを見たとうちにも東京から一件注文が入りました。東京でのほうじ茶ブーム理由はわからないということでした。
>> 続きを読む

 

小林屋茶舗

  【金沢上川除】

920-0968

石川県金沢市幸町30-1 

 

☎:076-231-4919


お問合せはこちら